新設カリスマの生誕そば

次期米大統領選挙の投票結果が、間もなく判明する。米大統領が誰になるかで、日本のみならず世の中に大きく影響すると思います。近頃、民主党ラインナップですヒラリークリントンくんの優勢が報道されてある。しかし、共和党ラインナップのトランプくんとの差は、想像以上に僅差の状況です。過激な陳述で、あまり歓待されていないという意見と、生粋の政治家ではないトランプくんだからこそ何か大きく変えてくれるのでは?という前向きな見方に分かれてある。前評判ではクリントンくんが優勢としていましたが、トランプくんが大きく盛り返しできたのは、今回のラインナップヤツ両人とも両者大きな爆弾を抱えているからだと思います。ヒラリー君は「メルアドの私用ジレンマ」、トランプくんは「夫人蔑視陳述のジレンマ」で、お互いをすごく批判し合ってきました。ここまでマイナスイメージの強い大統領選も珍しいと思います。ただ日本は連携世の中だ。どちらのラインナップヤツが勝つ方が良いのか?ということが一番気になる部分です。ヒラリー君が繁盛をすれば、オバマ政権時とそう一緒接客を通じていただけるのではないかと言われています。トランプくんが勝利した時は、通知が全くナッシングと言えるので、どんなポリシーを言いだすかは全く想像できない気がします。演説内の陳述を鵜呑みにすることはないと思いますが、かなりの緊張感が漂うと思います。どちらが日本にとって有益なのか?気になるところです。クリーミューの効果を見る

tags
梅について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする